老人病の一種と話題|脊柱管狭窄症は手術で完治を目指せ

診察

脊椎に起因する腰痛

神経を圧迫してしまう深刻な病気です。脊柱管狭窄症を克服するためには、原因を知って治療を決めることが必要ですよ。

珍しくない腰痛

病室

脊柱管狭窄症の原因は若い人でも起きる椎間板ヘルニアもありますが多くは、加齢に伴う老人病の一つとも使い傷みの一つともいえます。高齢化が進んだせいで、人体を構成するあらゆる部品使用頻度が延長された影響が椎間板や椎体、椎間関節や椎弓の変形などをおこしたと考えられ珍しくない病気です。 脊柱管狭窄症は、腰部脊柱管狭窄症ともいい、症状は腰に出ます。脊髄の通っている脊柱管が狭くなり神経が慢性的に圧迫され痛みを生じている状態です。 そのため、安静にしていると症状はないのですが長時間歩くことができないのが特徴です。 少し前かがみになったり座ると痛みが軽減されます。 しかし、ふとももや膝から下にしびれや痛みが出て歩けなくなるほどの腰痛が強くなると治療は手術しか方法はありません。

上手についきあう

加齢により椎間板が膨らむ、黄色靭帯が厚くなるなどの変形で脊柱管が狭くなり神経が圧迫することは前述しましたが、背骨の病気で椎間板が変形したり背骨や椎間関節から突出した骨が神経を圧迫することもあります。 神経の血流が低下し脊柱管狭窄症は起きますから、脊柱管を広げる手だてとして、変形して圧迫している部位を削る手術のほか、日常的なリハビリとして姿勢も大事です。 背骨を後ろに反らすと脊柱管が狭くなるので痛みが発症し、前かがみになると広がるので痛みが軽減されるからです。自転車こぎなどの姿勢もリハビリになります。 ブロック注射などの対処療法もありますが、これで完治するわけではないので、こうした痛みが出にくい姿勢で動くことも、周辺筋力の増加にもつながり日常生活が送れるのです。

何かあった時に対応を

医療

内科医を見つけるポイントとして、信頼できるか、診察は適切かなどを把握しておくことで、良いところが見つかります。診療時間を確認しておくことで、いつでも都筑区内で信頼できる医師を見つけられるのです。特に日曜当番医をチェックしてください。

Read More...

睡眠時の障害

カウンセリング

睡眠時無呼吸症候群は、日中の倦怠感や眠気、疲労感などを引き起こす可能性があります。自覚したらすぐに病院に行き、治療を行いましょう。人気の病院などを見つけて、生活習慣も合わせて改善し、再発予防も行いましょう。

Read More...

専門病院で早期診断を

先生

関節リウマチを治療する上で大切なのは、早期の正確な診断と早期の内に治療を開始することです。世田谷の専門病院では、治療の他にも適切な日常生活の注意点なども患者さんに指導されているようです。リウマチは、精神的、肉体的な疲労などに注意し、栄養管理の摂れた食生活など自分で行える方法も心がけましょう。

Read More...